業者かと思っていたらまさかの本当に会えた話

業者かと思っていたらまさかの

私が20歳前後の頃は出会い系サイトが全盛期のタイミングでした。
そのため利用者も大変多かったのですが、それに紛れて女の子を騙ってメッセージを送ってくる業者もとても多かったのが事実です。

 

私はそういったアカウントに対して、騙されているふりをしながら滅茶苦茶な返答をして相手が返答してくる様を楽しむという正直ゲスい遊びをしていたことがあるのですが、そんな時にまたいつものようにかわいい女の子の写真を登録してあるアカウントからメッセージが届きました。

 

「また業者か、いつものようにからかいますか」と思いながら何度かやり取りをしていると、今までのやり取りとは何となく違った印象が。
実際にア携帯のドレスを交換してやり取りをし始めて、これは本当に生身の女の子に違いないと確信しました。

 

さてそこからはもう大変。実際に会う約束をしていましたし、プロフィールの写真はかなりかわいい子だしで私はかなり緊張しはじめてしまいました。
そしてとうとう迎えたデートの日。

 

待ち合わせ場所には写真の通りのかわいい女の子がいました。
夢じゃなかろうかと顔を合わせる前に一度ほっぺたをつねったことを覚えています。

 

彼女の希望で海遊館に行くことになっていたのですが、正直海遊館の中でどんな魚を見たかなんてほとんど覚えていません。

 

それぐらい一目見て彼女に夢中になってしまったのです。
その日は海遊館に行った後は少しぶらぶらしてご飯を食べて解散でしたが、別れ際に次回のデートの約束を取り付けることに成功しました。

 

そして何度かデートを重ねた後、お付き合いすることができました。
自分でも驚くような経緯でしたが私はこうして出会い系サイトで彼女を作ることができました。

そういえば、どのサイトを使ったか伝えていませんでしたね。
使ったのは、出会いの掲示板です。